花開く長年の想い

Hello dears from London,

今週は喜ばしいことがたくさん起きました。長年リサーチしていたケルト神話の一人旅に行ってまいりました。いつも通り天も味方して頂き迷うことなく無事にアイルランドの首都ダブリンに着き、まずは聖パトリック大聖堂にてご挨拶とリサーチをしました。

エジプトの神殿よりも古いとされている “Newgrange、Sí an Bhrú”、ここはケルトの民が太陽信仰していた神殿で、中は狭く低い岩で作られている通路があり、その先に儀式をしていた聖域がありました。こんな時は小柄だと便利です。その中は神の聖域なので、写真を撮ることは許されておりませんでした。岩の壁にはグルグルや三角の模様がありました。現地の方もわからないと言っていましたが、前もって魔法使いのあの方に聞いていたので、すぐに分かる模様でした。持つべきは魔法使いと聖人のMastersですね!!

そしてケルトの民が帰る聖地、ホームと呼んでいる ”the Hill of Tara タラの丘”、アイルランド語でTeamhair na Rí。この場所にはアーサー王の伝説で魔法使いマーリンがアーサー王の為に巨人を使ってこの ”王の岩 Ráith na Rig” を運んだとされています。この岩を抱きしめ、岩が叫んだ者が新しい “上王 Hign King” に選ばれると言われています。これは表の伝説で裏(真実)の伝説は異なります。いつも神話は誠は分かる人にしか分からないように作ってあります。私は瞑想で真実を見ていたので、この場所に立った時に真実を認識して、この土地でケルトの神々と上王たちの前で正式に儀式をすると雨が降り出し、もっと強く意識すると突風が吹く始めました。寒いはずですが私の体はケルトのエネルギーでいっぱいのでポカポカでした。やはり真実を知りたい時は自身の足で行くのが一番です。神、上王、妖精、民に感謝します。

話は飛びますが、長年温めてきた “SUNPHOENIX CAERA MB Essence” の発売しました。こちらもケルトのリサーチのお陰でまた新たな発見がありました。肌に生命力が必要な方は是非 ➡︎ http://sunphoenix-caera.com/

また話は飛びますが、日曜日は瞑想を知人の “Therapies Open Day”というヨガ、タイマッサージなどのイベントの締めに “Golden Gift Meditation” を20人ぐらいの方々にさせていただきました。最後なのですが瞑想で大体何人集まるか分かっていたので、予想通りの人数でした。瞑想後は皆様目をキラキラさせていました。神がかった美しいお天気で、その後通り雨が降り地を固めてくれたので、今回の瞑想は大成功した事が分かりました。今週は19日(日)に瞑想を “Evolve Wellness Centre” にて行います。

ではまた!

関連記事一覧

THE MICO CASTLES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。