Process

パファーマンス・ペインティングを創る工程

~ Process of Performance Painting ~

祈り、光を感じ、創造し、かたちにする

1.自然と共にあるがままに生きる

2.光がカタチになって私の目の前に現れる

通常の生活の中でキャラクターの光が眼の前で舞っていたり、夢を見たり、旅先の土地の出会う

4.光とエンゲージ

光が夢に出てきて物語を伝えてきたり、不思議な現象が起り、作成する日取りをエンゲージする

5.シンクロ率を上げる

同時に多くの光とエンゲージしているので、一人一人に合わせてシンクロ率を上ていく

6.ラフスケッチを簡単にする

観えた光を忘れないようにメモするように適当に描く(たまにしない)

7.材料を世界中からかき集める

その際に光のテーマソングを選曲する

8.シンクロ率が1000%超えて極限まで来たら作業開始

光とマリアージュする、自身が壊れるギリギリまで待つ

9.THE MICO CASTLESを開門する

人間生活をきちんとして、体と心を清めて、選曲して、地下のスタジオを清め、材料を床に並べ、地下の空間が異世界になったら祈り、製作開始。

10.光と闇、死と生を感じながら床で創る

ラフ画はありますが、創ってみないとどんな作品になるか全くわかりません。

光が解放されて、MICO自身が解き放たれる感覚を味わいながら作品が完成するまで床に張り付き続ける。

注意点:長時間はこの作業はできないため、集中して4、5点ぐらい同時に創ります。

11.封印の舞いと共に祈りを捧げる

12.額装屋さんと一緒に額縁を決める

額縁は舞台のステージを表し、ストーリーを伝えやすくしてくれます。

13.作品を発表して、人に見られて作品は光を解き放つ

イベントで舞ったり、ナイトツアーをしたりすると光をより解き放つ。

14.そしてストーリーは続いていく

THE MICO CASTLES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。